秋暑し社長もたぶんサユリスト

(あきあつし しゃちょうもたぶん サユリスト)

sayurist

角川『俳句』の「平成俳壇・雑詠」に投句。朝妻 力先生に「秀逸」に選んでいただきました(角川『俳句』2018年12月号に掲載)。

「サユリスト」ということばを入れた句を詠んでみたかったので、空想で一句。残暑厳しい秋の日に、あとからサユリスト(リアルタイムのサユリストではなく、あとから吉永小百合のファンになった人のことを私は勝手に「あとからサユリスト」と呼んでいます)である私が某社を訪問すると、社長のデスクに吉永小百合の本を発見。そんな光景を空想して詠んでみました。

↓ 人気の俳句ブログはこちらでチェック
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ 
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*