骨壺のふはりと軽し春めける

(こつつぼの ふわりとかるし はるめける)

nokotsudo

墓の納骨に続けて寺の納骨も無事終了しました。妻が持っていた骨壺を手渡されたのですが、意外と軽く拍子抜けしました。前日とは打って変わって暖かい日となりました。

投句日: 2017年2月28日

写真俳句をチェックするなら >> にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です