猫の耳ぴんと立ちたり風祭

(ねこのみみぴんとたちたりかぜまつり)

一句一遊に投句。兼題は「風祭」。水曜日に読まれました(8月29日放送)。「風祭」とは二百十日の傍題、つまり基本的には時候の季語であり、行事の空気も若干ある複雑な季語であるとのことでした。風祭とは、二百十日ごろに吹く強風そのものだと誤解して作句したのですが、それほど本意から外れてはいない句になったかなと思います。

↓ 人気の俳句ブログはこちらでチェック
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ 
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*