梟の音なき飛翔春の闇

(ふくろうのおとなきひしょうはるのやみ)

『蒼海』創刊号(2018年9月発行)に投句。6句掲載していただいた中の一句です。八重山諸島を旅行したときに目撃した梟のことを詠んでみました。あえて季重なりにしたのですが、掲載していただいたということは許容できる季重なりということでしょうか。

↓ 人気の俳句ブログはこちらでチェック
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ 
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*