胡桃割る聞きたいことは一つだけ

(くるみわるききたいことはひとつだけ)

NHK松山放送局のラジオまどんな「ラジオ句会」に投句。兼題は「胡桃」。胡桃は俳句ポストに続いて今期2回目の兼題(発表はこちらが先)。前回絞り出したのでもう出ないよと思っていたのですが、締め切り1日前にどうにか数句思いついて投句。一句選ばれて読んでいただけてよかったです。神野先生からはこんな選評をいただきました。

ひとつだけって言いながら、でも聞けないんですよね、きっと。聞きたいと思っていながら、これを聞いてしまうと何かが終わってしまうかもしれないと思いながら胡桃を割っている。胡桃を割るっていうのは、何か集中していく作業でもあり、ほかのことを考える時間でもあると思うんですよね。何か内にこもっていく感覚がさらりとまとまった一句でした。

神野先生ありがとうございました。

↓ 人気の俳句ブログはこちらでチェック
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ 
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*