2018年の自選10句

毎年やっている自選10句。今年もやっておきたいと思います。この1年で何らかの選を受けた81句の中から自分で気に入っている句や思い入れのある句を10句選んでみました。

  • 青嵐九回裏二死満塁 – 『俳句界』(雑詠):特選(能村研三先生選)
  • 水牛の名は優作や島薄暑 – いるか句会:佳作(堀本裕樹先生選)
  • わけあつて今世は蝉に生まれけり – 『俳句界』(雑詠):特選(稲畑廣太郎先生選)
  • 人類に獣の名残西瓜食ぶ – NHK俳句(俳句さく咲く):佳作(櫂未知子先生選)
  • 鰯雲メロスの怒りふつふつと – 俳句ポスト365:「人」選(夏井いつき先生選)
  • マドンナは剣道二段秋澄めり – 『俳句界』(雑詠):秀逸(大串章先生選)
  • 新婚も金婚もゐて秋祭 – ラジオまどんな「ラジオ句会」:特選(神野紗希先生選)
  • 蒲団の中の「十五少年漂流記」 – ラジオまどんな「ラジオ句会」:特選(神野紗希先生選)
  • ジャズ歌手の声かすれたるクリスマス – 広テレ「俳句道場」:特選B(谷村秀格先生選)
  • 雲は今ダリの絵のごと寒波来る – NHK俳句:佳作(今井聖先生選)

青嵐の句は念願の特選を初めていただいた句です。自分にとって記念すべき句となりました。水牛の句は自分的にとっても気にいっいる句で、いるか句会で、堀本裕樹先生に佳作選んでいただいたほかに、参加者のひとりからも「特選」に選んでたいただいて感激しました。鰯雲の句は、前からやってみたいと思ってた、小説の登場人物を句に登場させるという冒険が成功した句で、これを選んでいただいてとても嬉しかったことを覚えています。マドンナの句は、ある女性とツイッターで剣道の話で盛り上がって、そのときにひらめいた句です。大串章先生に秀逸に採っていただいた以外にも、4人の先生から佳作に採っていただき、自分史上過去最高の5人の先生の選を受けたという点で感慨が大きかった句です。雲は今の句は、NHK俳句で初めて佳作に選んでいただいた、自分にとって記念すべき句です。その後今井先生には2か月連続採っていただき、3か月連続選を受けることになりました。

今年はこれ以外にも自分的に思い入れのある句がたくさんあります。以下の6句も捨てがたく、実際には自選16句となってしまいますが、次点として以下の句も記載しておきます。

  • 件名にキャンセルの文字春の雷 – 100年俳句ライブ:優秀句(夏井いつき先生選)
  • 夏めくや黒猫緒形拳に似て – 角川『俳句』(「平成俳壇・雑詠」):佳作(今井聖先生選)
  • 今はの際の百足に蟻群がる – 『蒼海』(堀本裕樹先生選)
  • 光秀が見たといふ虹かもしれぬ – 俳句ポスト365:「人」選(夏井いつき先生選)
  • 燃え尽きるなよ苺燃え尽きるなよ – NHK俳句(俳句さく咲く):佳作(櫂未知子先生選)
  • 秋暑し社長もたぶんサユリスト – 角川『俳句』(「平成俳壇・雑詠」):秀逸(朝妻力先生選)

来年は、これ以上の句ができるようにがんばりたいと思います。

↓ 人気の俳句ブログはこちらでチェック
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ 
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*