空中に渦あるごとく初蝶来

(くうちゅうにうずあるごとくはつちょうく)

広テレのテレビ派「俳句道場」に投句。兼題は「蝶」。谷村秀格先生に「入選A」に選んでいただきました(2019年3月20日放送)。「俳句道場」も今回で最終回。有終の美を飾ることはできませんでしたが、谷村先生からとても有益なアドバイスをいただきました。少しわかったっような気がします。

気分はわかるのであるが「~のごとく」が惜しい。ココロふるえたのは「渦だ!」と思った瞬間なのであるから「~のごとく」ではなく「渦」そのものを詠んでほしいのである。俳句は芸術なのだから、カメラレンズ的な現実を詠むことではなく、ココロのスクリーンに映ったココロふるえた瞬間を詠むようにしたい。コーナーに参加ありがとうございます。これからも宇宙流の精神で詩を詠い上げていきましょう。

谷村先生ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*