金子兜太の俳句塾

金子兜太の俳句塾』という本を図書館で借りてきました。辰巳琢郎さん、戸田菜穂さん、内田春菊さん、原田大二郎さん、藤田弓子さん、松本幸四郎さんといった俳句好きの著名人の俳句を取り上げて、批評したり、コメントしたり、ここをこう変えると良くなるというアドバイスをしたり、とてもおもしろい内容でした。特に、付きすぎに関する説明がとてもわかりやすく、少し俳句がわかったような気になりました(たぶん、そんな気がしているだけでしょうけど)。

この本でもっとも印象に残った記述は

俳句は個性的で、なおかつ一般性があれば素晴らしいのです。その兼ね合いが難しい。

でした。なるほどですね。個性的で一般性がある句。矛盾している2つの要件のバランス。それが大事ということですね。そういう句が作れるように作句に励みたいと思います。

↓ 人気の俳句ブログはこちらでチェック
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ 
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*