仙人のごとき金魚と暮らしをり

(せんにんのごとききんぎょとくらしおり)

「俳句界」(2019年12号)の「雑詠」に投句。 辻桃子先生と行方克巳先生の「秀逸」、角川春樹先生の「佳作」をいただきました。

ある飲食店で、尾ひれが体以上に大きな金魚が泳いでいて、まるで仙人みたいだと思ったことをヒントに作った句です。

辻桃子先生、行方克巳先生、角川春樹先生ありがとうございました。

↓ 人気の俳句ブログはこちらでチェック
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ 
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*