病室に届く朝刊明早し

(びょうしつにとどくちょうかんあけはやし)

NHK松山放送局のラジオまどんな「ラジオ句会」に投句。兼題は「朝」(漢字読み込み)。俳句甲子園スペシャルということで、今回の俳句甲子園の兼題のひとつであった「朝」が兼題でした。8月24日の放送で読んでいただきました。

神野先生からはこんな選評をいただきました。

いろんな場所で迎える朝がありますが、病室でもう白白と明け始めているときにもうこちらも目が覚めているような、 眠れない不安というものが淡々と伝わってくる一句です。

神野先生ありがとうございました。

↓ 人気の俳句ブログはこちらでチェック
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ 
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*